本文へスキップ

中学受験をする場合には小学校6年生の後半から過去問対策を行う必要があります。

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

中学受験は学校で学習しない内容も出題されます

少子化と言われる世の中ですが、中学受験は増加傾向にあります。私立のみではなく、最近は公立一貫校もかなりの倍率があり、人気も多いのも事実です。
公立一貫校は学校で学習した内容が範囲となっていますが、適性検査型なので小学校での学習のみでは対処できない内容になっています。ですのでやはり出題傾向に慣れておく必要があります。

私立型は学校によって出題傾向も違いますし、難しい問題も多いため中学受験用の塾へ通って対策するなど、様々です。

私学は特に学校によってカラーが大きく違います。例えばキリスト教や仏教などの私学は授業の一環としてプログラムが組み込まれていることもあります。
出題傾向も学校側からのメッセージとも言えるため、中学受験をする場合には小学校6年生の後半から過去問対策を行う必要があります。過去問を分析して取り組んでいくことで、出題傾向などジックリわかるようになります。
やはりかなり難しい問題も多いため、中学受験用の勉強は必須になります。

塾へ通ったり、通信教材で勉強するなど最近は様々なケースで対策を行っているため、お子さんにあった勉強方法を親が見極めて環境や勉強方法を提供してあげることが何より重要になりますし、数年後には大きく差が出てきます。キレイモキャンペーン

information新着情報

2017年01月19日
ホームページを更新しました。